プラス卵

卵の見分け方

見分け方

市販されている卵には、賞味期限が記載されているものが多くありますが、それだけでは新鮮かどうかを判断することは出来ません。また、料理によってもより新しいものが適しているものと、少し時間が経過しているものの方が適している場合があります。


新鮮な卵の見分け方

塩水につける

深さのある容器に水を入れ、水の量に対して10%の濃度になるように塩を溶かします。その中に卵をいれてみて、完全に沈んでいるものはかなり新しく、鈍端部が持ち上がった状態になっているものはやや時間が経過したもの、水面近くまで浮いているものは古い卵と判断できます。これは、時間と共に白身と黄身に含まれる水分が蒸発して気室が大きくなることを利用した見分け方です。

光を当てる

ラップの芯を半分に切りその上に尖端部を下に向けた状態で卵を乗せます。ラップの芯の反対側から懐中電灯で卵に光を当て、なかにできた気室の大きさをみて鮮度を判断することが出来ます。産み落とされたばかりのものには気室はありませんが、1時間ほどすると気泡が現れ、光を当てた時明るい部分として大きさを見ることが出来ます。明るい部分が小さいほど気室も小さく新しいものといえます。

振る

尖端部と鈍端部を親指と中指で挟むようにもち、耳のそばで振ってみます。これは、中身の動く音を聞いて新鮮かどうかを判断する方法です。産み落とされたばかりのものは、卵殻膜も卵黄周囲膜もぴちぴちで丈夫な状態です。また、気室も小さいため、振ってみても中身が動きにくく重たい感じがするのは比較的新しいといえます。反対に、中身がゆれ動くような感覚が感じられる場合には、気室の大きさがある程度ある時間の経過したものと判断できます。

割った時に…

卵を割ったときに、黄身の周りの白身が少し濁っていて盛り上がっている状態か、さらっとした水のような透明の状態かを比べて判断します。盛り上がっている粘り気の強い白身は「濃厚卵白」で時間が経過すると少しずつ水っぽくなっていきます。そのため、この濃厚卵白の大きさが大きいものほど新しく状態の良い卵と考えられます。

有精卵・無精卵の見分け方

光を当てる

卵に直接光を当てて、中の影で有精卵か無精卵を判断します。尖端部を下に向けた状態で光を当て、卵黄部分の影ぼんやりとしているものや血管の影が見えるものは有精卵と考えられます。また、胚が発達し始めて5〜6日たっているものは、尖端部周辺の卵殻に影が見える場合もあります。反対に無精卵の場合、卵黄の影が丸くはっきりと見えるだけで他には何も見えません。

割ってみる

割ったときに黄身の上に白っぽい小さな点があるかどうかで有精卵かどうかを判断します。有精卵の場合、卵黄部に杯盤が白い小さな点として表れています。しかし、大変小さく色もはっきりとした白色ではない事も多いため、この方法では有精卵かどうかわかりにくい場合もあります。

ゆで卵と生卵の見分け方

生卵の場合、卵黄が常に中心に位置しているようにカラザで支えられています。そのため、少し転がってしまっても、カラザのおかげですぐにとまります。しかし、卵黄・卵白が凝固しているゆで卵の場合、転がっても生卵のように早くとまることは出来ません。この性質を利用して、コマのように回転させて見ると、ゆで卵はくるくると良く回り続けるのがわかります。このように、回り方、とまり方の違いで生卵か茹で卵かをみわけることができます。